--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 11. 29  
先日お世話になった訓練士の先生から

バルトと似た症状の病気の子を持った訓練士の方が

こんなご飯の食べさせ方をしていたよ

と言うお話をして下さいました

その話を元に自分なりにアレンジしてみました

普段は手作りご飯のバルトですが

競技会で遠征したり 私の体調が悪い時など

ドライフードを食べさせることもしばしばあります

この方法だと普通にフードを食べるのに比べて

薬の量も半分で済むし 何より立派なう〇ちが出ます

膵外分泌不全でなくても 

老犬 お腹の弱い子にもいいかなと思い紹介します




20151129y




スーパーで売ってる「フードジャー」を使います

1500円くらいで手に入ります




201511291a



バルトの場合「消化器サポート 低脂肪」1日の量が240gを

3回に分けて与えていますので

1回分80gをフードジャに入れます




201511291d




60℃位のお湯を注ぎます

水分が多過ぎても発酵がうまく行かないので

ひたひたより少し多目 フードが浮き上がるくらいがいいです

しっかり蓋をして1~2時間置きます

途中で上下をひっくり返すとまんべんなくふやけます




20151129s




スプーンで潰せる位までふやけたら

しっかり潰しながらまんべんなくかき混ぜます




20151129w




味噌より少し柔らかめがベストです




201511291b




パンクレアチンを入れます

バルトの場合、普通に80gのフードを消化するには

10gのパンクレアチンが必要でしたが この方法だと

フード80gに対して5gで済みます

パンクレアチンは動物病院で処方して貰える消化酵素ですが

市販の消化酵素でも作れます




201511291c




酵素を入れたら良くかき混ぜます

あっという間に分解されてトロトロになります




20151129x




このままでも大丈夫ですが

トロトロ過ぎてむせることもあるので

蓋をして30分ほど置きます

この時の温度が60℃~30℃位になるようにします




20151129z




少し置くことで発酵が進み

フワフワした感じになります

温かいうちに食べさせてあげて下さい

ビックリするくらい立派なう〇ちが出ます

バルト只今18.9kg 体重増加中

もしかしてダイエットが必要になる日が来たりして






スポンサーサイト
2014. 06. 19  
バルトが膵外分泌不全と分かった時

治療の方法はないと言われたけど

少しでも何か方法はないものかと

色々と調べたり

色んな方から話を聞いて、アドバイスを頂いたり

私なりに必死こいて勉強しました

膵臓の病気なら膵臓のためにいい食べ物を

食べさせてあげよう

そう思い、ご飯を作り始めました




膵臓にはビタミンB12がいいとのこと

ビタミンB12とは・・・

貝類や肉類に多く含まれ、植物性食品にはほとんど含まれず

不足すると巨赤芽球性貧血(悪性貧血)などになることもあるが

かなりの偏食をしないと、ビタミンB12不足になることはない

ビタミンB12は葉酸とともに悪性貧血を防ぐ働きをする

神経細胞内の核質やタンパク質を合成、修復する





ビタミンB12を多く含む食材で比較的手に入り易いものと

100gあたりの含有量をあげてみると

しじみ    62.4μg

牛レバー   52.8μg

あさり     52.4μg

鶏レバー   44.4μg

イワシ(丸干) 29.3μg

豚レバー 25.2μg


こんな感じです

成人の一日当たりの摂取量が2.4μgと言われていますから

私たちなら、牛レバー4.5gでいいってことなのかな

意外と少ないのにびっくりしました




今までは、カルシウムも同時に取れるように

丸干しを小さくちぎってミキサーにかけ

粉末にしたものをご飯に混ぜてあげていました

スーパーに売ってあるものは塩分が多いので

魚は自給自足です




先日の血液検査で貧血を指摘されたバディ




20140619e




只今、せっせとレバーを食べています

バルトにも少しずつと言うか




20140619d




恐る恐るちびっとずつ与えています

今日のご飯は・・・




20140619a




野菜と鹿肉




20140619c




牛レバーは2人で一日100g




20140619b




こんなもんです

大好きなおうどんにかけて




20140619f




ごはんできたよ~




2014. 06. 06  
梅雨に入り何となくジメジメしていますが

かなり涼しいので過ごしやすい毎日です

しか~し、こんな季節は食中毒に気を付けなければ

特にバディとバルトのご飯は

普段は生肉を使うことが多いのですが

最近はボイルしたり、食べ切りサイズで買ったり

ちょいと気を遣っています

先日の血液検査で貧血を指摘されたバディ

なるべく薬に頼りたくないので

バルトだけでなく、バディのご飯も一工夫しなくちゃ

やっぱ貧血にはレバーでしょ

レバーには栄養も多いけど、実は脂も多いんです

バルトも食べられるように

勿体ないけど脂の部分は取り除きます

バルトも、もう少し体重増やしたいけど

食べ過ぎて下痢になると、益々体重が減ってしまうので

ちょこっとずつ、ウンチの様子を見ながら加減します




20140606c




野菜はいろんな色を少しずつ

鹿肉と鶏胸肉は小さく切ってボイルして

野菜とレバーは細かく切って鍋にぶち込み

よーく火が通ったら、ミキサーにかけてペーストにします

玄米ご飯と煮干し粉、ボイルしたお肉と合わせて




20140606d




はい 出来上がり

残りはタッパに入れて密封して冷蔵庫に

ペーストにすることと、食べる直前に冷蔵庫から出し

電子レンジで35度程度に温めると

消化吸収がいいみたいです

これだけではちょっと物足りない気がして




20140606b




20140606a




やっぱり生の方がいいみたいです











2012. 03. 13  
まだ更新しないの?と尻を叩かれ

久しぶりに更新を、と思ったら

下書きのままほったらけになってました

すっかり忘れとった~という訳でまとめてアップ




2月に入り、バルトの体調は落ち着いていました

というのも、私自身がバルトの体調管理に慣れてきた

そんな感じがします

体重は

1日 16.5   2日 16.9   3日 16.6   4日 17.1   6日16.8
7日 17.4   8日 17.1   10日 17.1   11日 16.5   12日 16.8
13日 17.4   14日 16.8  15日 17.0   16日17.1  17日17.1
19日 17.2   21日17.6   22日 17.6   23日 17.6  25日 17.7
27日 18.3  28日 17.9   29日18.0


順調すぎるくらいに戻っています



札幌にバルトと同じ病気の子を持つ方がおられます

もう6年になるそうです

その方に 醗酵ウコンがとてもいいですよ

とのアドバイスを受け、

与え始めて3週間

目標体重の 18キロに

葛は胃腸の粘膜保護にとてもいい

酵素の活性化にはカルシウムが不可欠

というので、葛練りに酵素とカルシウムを混ぜ

食事のたびに与えたところ

この一ヶ月、下痢は一度もしていません

ずっと飲み続けていたお薬も、

1日3回から2回へ 2回から1回へ

薬と酵素だけでもいいのかもしれないけど

今の私には、何となく強い味方に思えます



こんな時はこうすればいい

以前、こうしたら良くなった

ほんの些細なことでも、

アドバイスしてほしい

もっと引き出しを増やしたい

病気の子を持つ飼い主さん 共通の想いですね





2012. 02. 07  
1月26日 

治療開始から20日

下痢も治まり、体重も順調に増えてきました

食欲と元気は・・・病気とは思えないほどあるし

うんこは こんなん出ましたぁ


20120208a


おおおおお~ 

お宝や~ん


現在、唯一の心配といえば多飲多尿ってこと

夜中もじいちゃんと二人、代わる代わるトイレへ

念のため糖尿の検査を

ということで、血液検査をしていただいた


20120208z

糖尿の心配もなく

肝臓、アミラーゼの数値は前回よりも少し良くなっていました

まだまだ激しい運動は無理だけど

お散歩なら大丈夫 ということで


20120113b


久しぶりにいつもの公園へ


20120113a


あまり人がいましぇんね~

ていうか、寒すぎまちね~



雨だったり雪だったりと、なかなかお天気に恵まれず

インフルエンザやノロウィルスまで流行ってるし

なかなかお外で遊べないけど

バディもバルトも元気です



プロフィール

BUDDY JUNIOR

Author:BUDDY JUNIOR
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。