--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 01. 21  
目標体重18キロ~20キロ

かといって、いきなり体重が増えると

身体にかかる負担も増えるという事なので

ゆっくり 少しずつ 食事も調節しなくては

治療開始から2週間

消化器サポートの低脂肪を朝・昼・夜の3回に分け

1回100グラム 合計1日300グラム

カロリーにして1日1047kcal

元気な時は1200~1600kcal くらい食べていたから

少ないような気もしたけど

胃腸への負担や、運動量を考えると

この量で大丈夫

たくさん食べるとまた下痢するといけないしね

水を入れ30分程おき、十分軟らかくし

パンクレアチンをふりかけ混ぜる

パンクレアチン

膵臓から分泌される酵素の総称

アミラーゼ・トリプシン・リパーゼなどを含む

市販のものは黄白色粉末で消化剤


バルトの場合10日分が3000円

このパンクレアチンがこれからずっと

バルトの膵臓の代わりに食べ物を消化してくれる

大事な大事なお薬になった

ちょっと臭いけど、仲良くしてあげようね

朝と夕方のお薬が

フラジール250mg 2錠ずつ

メコバラミン 500μg 2錠ずつ

朝・昼・夜のお薬が

ブチルスコポラミン10mg 1錠ずつ

このお薬(下痢止め)は最初の2週間だけで

20日からは朝と夜のお薬だけになった

体重はというと

7日 14.75kg  8日 14.7kg  9日 14.6kg  10日 14.5kg  11日 14.5kg 

12日14.4kg  13日 14.4kg  14日 14.9kg  15日 15.2kg  16日 15.2kg 

17日 15.9kg  18日 15.3kg  19日 15.1kg  20日 15.0kg  21日 14.9kg


せっかく増えていた体重が、また減ってしまったけど

下痢して減ったわけじゃなく

元気になればなるほど消費カロリーが増えてしまうから

ボーダーに安静は無理や!っちゅうねん

今日も、バディがじいちゃんとビーチボールで遊んでいると

バルトも仲間に入りたかったらしく


20120121a


ボクも遊ぶでち!


20120121b


楽しいでち~!


20120121c


ごめんでち~!

元気なのはとってもいいこと

おもちゃを壊すくらいどうってことない

でも、もう少しおとなしくしといてもらわないと....

バルト~ねんねしよ~!

ねむくないでち!







スポンサーサイト
2012. 01. 21  
8日

朝から病院でお預かりのバルト

早く元気になるように、この日も点滴をして貰っていました。

お昼を少し過ぎた頃

病院からメール


20120108a


今日もワンワン元気です

え? どういうことかな? またワンワン泣いてるの


20120108f


こんなん出ました!

固まりつつあります!

今までビチビチの下痢が続いていたのが

形のあるうんこに

何でかわからないけど、涙があふれた

言葉にならなくて、笑いが出た

がぜんファイトが湧いてきた


バルトが寒くないように、暑くないように

フローリングとカーペットの間にアルミシートを張り巡らし

エアコンから蓄熱式ヒーターに代え

加湿器まで引っ張り出してみた


夕方迎えに行くと

ずいぶん元気になって見えた

明日からはお薬だけで大丈夫

お家でしっかり療養しましょう!

お散歩も少しなら行ってもいいですよ!

とのことだった


家に帰ると、バディが熱烈歓迎 興奮しまくり

バルトが元気になっていくのが判るみたい


20120108d


あたちのバルトが元気になってましゅ!


20120108c


ただいまでち!


この子達を見ていると

当たり前に過ごしてきた日常がどんなに素晴らしい日々だったことか

この子達がどんなに大切な存在だったか改めて感じることができた

これからは1日1日を大切にしよう


20120108b


検査の結果がどう出ようと

たのしくたのしくね バディ、バルト



突然の写真で申し訳ありません
この病気はが全てのバロメーターであるため
今後、どなたかの参考になればと
あえても掲載させて頂きます
どうぞ、ご理解ください。






2012. 01. 20  
7日

血液検査と、点滴治療のため、朝一番でバルトを病院へ

夕方までのお預かりとなった

バルトも頑張ってるんだから、私も頑張らなくちゃ

まずは病気についてきちんと知ることから始めなきゃ


20120107a


あたちもお手伝いしましゅ


膵外分泌不全

ネットで見ると、どれも同じような解説が出る

本棚の飾りになっていた「犬の病気」

こっちのほうが解りやすかった

膵臓って何処にあるでしゅか?何してるでしゅか?

膵臓には、内分泌と外分泌という

それぞれ独立した二つの機能があります。

内分泌に異常が生じる病気が糖尿病で

膵臓にあるランゲルハンス島のβ細胞が萎縮し

そこで作られるインスリンというホルモンが不足して生じるのが一般的


ふむふむ……ん?


20120107b


何やってんの?

ランゲルハンス島を探してましゅ

地球儀で?

バルトのお薬もらいに行くんでしゅ

お薬なら病院で貰えるから大丈夫です


バルトの場合は外分泌だから…

外分泌とは食べ物を消化するための酵素を含む膵液を作ります。

たんぱく質分解酵素のトリプシン

脂肪分解酵素のリパーゼ

炭水化物分解酵素のアミラーゼなどの

酵素を含む膵液は、膵管から十二指腸に排出され

腸で食べ物の消化を行う

膵外分泌に異常が生じて起きる病気に

急性膵炎、慢性膵炎、膵外分泌不全などがあり

急性膵炎の場合、脂肪分の多い食事の取り過ぎなどで

消化酵素の分泌が強まり起きる。

腹痛、おう吐、下痢のほか

食欲不振、元気がない、脱水、黄疸などが見られることがある

慢性膵炎の場合、症状が緩やかなため判りにくいが

一番の特徴として見られるのが、脂肪便

消化酵素の分泌機能が弱まると、脂肪の分解が出来なくなり、

白い脂肪の粒が混じり、脂の腐ったようなすっぱいニオイの脂肪便が出る

膵外分泌不全は、消化酵素の分泌機能が働かなくなった状態

食欲が旺盛になり、水をよく飲む、下痢、脂肪便、食糞

体重の大幅な減少などが見られる

診断には

TLI(血清トリプシン様免疫反応)検査というものがあって

この検査で膵炎の有無がわかります。

治療法は

膵液分泌を多くする食事、つまり脂肪分の多い食事は絶対に避けること。

そして良質のたんぱく質、糖、ビタミンを与えます。

たんぱく質もなるべく控えたいのですが、必須アミノ酸の補充のため

必要量は取らせないといけません。

消化酵素の分泌能力が落ちているので、食事で酵素を足してあげます。



ホホ~

処方食と食事に酵素を混ぜてあげることで

普通の生活をするには十分ってことかな?



夕方になり、バルトを迎えに再び病院へ

どうやらワンワン泣いたらしい


20120107pa

この日の血液検査では切羽詰ったような症状は出てなくて

このまま少しずつ体力の回復をはかりつつ

治療をしてもらうこととなった

TLI検査の結果は4日ほどかかるらしい

明日も点滴治療のため

静脈にカテーテルを入れたまま連れて帰った

ちょっと痛々しいけど、ピンクのバンテージが カワイイ

20120107c

がんばれバルト!


2012. 01. 14  
バルトの病気のことをブログに載せてから

メールや電話で、いろんな方から励ましのメッセージを頂きました

本当にありがとうございます

正直、びっくりするような情報までお寄せ頂きました

何だかとっても気持ちが楽になりました

感謝 感謝です


ところで、今バルトはどんな感じですか

と、ご心配頂いているので

じゃじゃ~ん! 本日のバルト

暖かい時間帯だけお外で気分転換しました


20120114d


20120114a


20120114b


20120114c


ボク、だいぶ元気になりまちた

ご心配頂き、ありがとうございまちた



今朝、体重を測ったら14.9キロになっていました

体重が減り始めて以来

初めての増加です

我が家の体重計で最低14.4キロまで減っていたので

500グラムも増えたど~

その直後にうんこをモリッと…

あ、また減った





2012. 01. 14  
5日

おとといと昨日のうんこを持って

朝一番で病院に行った

体重が14.5キロに落ちていた

院長先生の診察の結果

炎症性の腸炎で消化不全を起こしている

たんぱく質に対してアレルギー反応を起こしているため

下痢が続き、栄養失調になってしまい体重が落ちている

腸が栄養を吸収しないから、肝臓に負担がかかり数値が上がっている

今日からステロイドを使った治療を始める

症状が進んでいるから初めは大量に投与して

徐々に減らしていくようにする

暫くは毎日注射に通うように

フードももう少し消化の良いものに変える


との事だった

処方されたフードは消化器サポート低脂肪

下痢は全く治まらなかった


6日

朝、病院に行き注射をしてもらう

昨日の検査の結果 膵外分泌不全の疑いがあるとのこと

どういう病気かはネットで調べれば詳しく出てるから

調べてみるといい

とりあえずは、消化を助けるための酵素を出すので

食事に混ぜて飲ませるように

詳しい検査をしてみないとはっきりとは言えないが

まず間違いないだろう



と言われ何が何だか判らないまま

家に帰り、ネットで調べてみた

昼過ぎに病院から電話があった

やはり膵外分泌不全に間違いない

来週、詳しい検査をするから
とのこと

今でもどんどん痩せているのに

このまま栄養が取れない状態が続いたらどうなるのかと尋ねると

危ないでしょうね

頭の中が真っ白になった


自暴自棄になる私にある方が親身になって相談に乗って下さいました

初めはマイナスな考えばかりしか浮かばなかったけど

勝てない病気なら上手く付き合っていけばいい

その前にちゃんとした検査をもう一度受けてみるべきでは

そう言って励まして下さいました

もともとお正月休みに開いている病院ということで行った所だし

掛かりつけの病院できちんと検査 治療をして貰おう

病気についても、もっと詳しく説明して貰おう


夜、姉に相談し 詳しい検査をして貰うこと

何より体力の弱ったバルトがこれ以上弱らないように

バルトにとって一番いい方法で治療して貰うことをお願いしたところ

快く引き受けて下さいました



さてさて、暗い話はここまでにして

泣いても笑っても一日は一日

精一杯楽しく過ごさなくちゃ

ね~バルく~ん

ね~バディちゃ~ん





2012. 01. 14  
元日

朝、ぬるま湯を飲ませ様子を見た

吐くこともないので

WDの缶詰を半分食べさせてみる

相変わらず食欲はあるし

昨日よりずっと元気だった

元日でも開いている病院を探し

検便と血液検査をしてもらう

体重は15.5キロ

便には虫も菌も出ていない

ただ、食べ物がほとんど未消化で排泄されている

血液検査によると


20120101pa


肝臓の数値が上がっている

ずっと整腸剤を飲ませていたためか

消化吸収が上手くいっていないため肝機能に影響が出たか

とりあえず腸炎の治療と

フードを消化吸収のいいものに変え様子を見て

5日にもう一度検査をしてみます とのことだった

夕方、久しぶりに綺麗なうんこが出た

注射の効果が出たのかな

食欲も元気もすごくあったけど

無理をさせまいと お散歩は控えめに

処方されたフードは低分子プロテイン

30グラムだけ食べさせ

吐く様子もないので、もう30グラム食べさせる


2日

朝、まるでウサギのうんこの様な

コロコロのうんこが出た

心底ホッとした

きっと薬も効いて、フードも合っているのだろう

後は体重が戻ってくれれば

そう思いながらも、いきなりフードを増やしては

また下痢をしかねないので

朝、昼、夜と50グラムづつ食べさせた

夜、軟便だった


3日

朝、軟便だった

食欲と元気はあったので

後は体力が回復するまでゆっくりと休ませれば大丈夫

そう思い、バルトをばあちゃんに預け

バディを久しぶりに訓練に連れて行った。

20日過ぎてからはあまり構ってあげてなかったせいか

訓練所に着くなりスーパーハイテンションのバディ

走る走る 跳ぶ跳ぶ 

楽しそうに走るバディの姿に癒され…

と思っていたら、とんでもない事に…

コンビネーションジャンプの練習をした後

ハードルの組み換えをして、バディを連れに戻ると

あら?バディ ボールは?

ありましぇんよ

この屑みたいなの何?

ボールでしゅよ!

まさか

ごちそうさまでしゅ

…………

バディまで病院に行くハメになった

パンクしないというのが売りの

ポリウレタン製のボール

バディの手の届く所に置いてしまった私が悪い

そうは思っても 何で食べるかなぁ~

紅白のゲーゲーがでまちた

めでたいでしゅね


4日

相変わらず食欲と元気はあった

ご飯を食べた後、まだ食べ足りないとお替りをせがむ

水もよく飲む

軟便なのが気になり病院に電話してみる

下痢が治まるまでは何日かかかるし

食べたがるのであれば、しっかり食べさせてあげて

水も吐いたりしないのなら、飲ませても大丈夫

とのこと

この日の夕方から今までとは明らかに違うことが起き始めた

まず、うんこがビチビチになった

色も 茶色から黄土色へと黄色っぽくなった

フードが変わったせいで色も変わったのかな?

と思ったけど

フードが全く消化せずに便として排泄されているようだった

次に食糞が始まった

これには正直おったまげた

それも バディとバルトの二人してバルトのうんこを食べ始めた

取りきれずに残ってしまったうんこを水で流そうと

ホースを取りに行って戻ってみると

二人でペロペロ舐めてるし…

それからはバルトがうんこをするたびに

三人で取り合うハメになった

食うなぁ~

ボクのでち

バルトの物はあたちの物でしゅ

検便に持っていく分だけは確保できたけど…

そんなにお腹が減ってるの

身体がエネルギーを求めて食べるよう指令を出してるのかな

明日、朝一で病院に行こう

きちんと検査してもらおう


2012. 01. 13  
25日

食欲元気は全く衰えず

うんこもコロコロではないものの

バナナ状の綺麗なうんこ

もう大丈夫だと思ったけれど

整腸剤は飲ませ続けた。


26日

いつもと変わらない元気なバルト

便の調子が悪い時は

なるべくお散歩や運動は控えるようにしている

家の周りには大きなスーパーや電車の停留所があり

田舎のわりに交通量も多いので

人前で下痢となると…

この日は調子もいいし 久しぶりに河川敷へ

ボールやディスクで遊び

楽しいひと時を過ごしました


27日

食欲元気はあるものの

なんとなく痩せてきたのが気になる

下痢もしてたし、冬場は体力も使うし

少しくらいは痩せても仕方ないのかな

うんこも少し軟らかいけど、摘んで取れるくらいだし

バルトの運動量を考えると、今のフードは少しカロリーが低い

体重回復用のフードに変えてみようか

バディが妊娠してからは、ずっとブラックウッドの2000だった

バルトも離乳食の後は2歳になるまで2000だったし

あの頃はモリモリ食べてどんどん大きくなったし

バディは丸々と…

それとも もっといいフードがあるかも

調べてみよう


28日

朝、体重を測ったら16.2キロだった

10日で1.5キロ減っている

訓練士の先生に

バルトの体重が減っていることを相談してみた

バルトの性格や普段の運動量からすると

今の時期は痩せたとしても問題ない

よく頭も使う子だから、少しの訓練でも

エネルギーの消費は大きいはず

どうしても気になるのなら

病院で血液検査をしてもらうか

異常がないのであれば高カロリーのフードに変えてみては

いきなり変えると下痢をすることもあるから

サンプルを貰うか一番小さいサイズを買うかして

試してみるといいかも とのアドバイスを受け

早速、ネットで購入

届くまではいつものフードで


29日

食欲と元気は全く変わらなかった

うんこも軟らかかったけど

下痢というほどでもなく

河川敷でボール投げをして遊んだ

油断をすると草を食べようとするので

慌てて取り上げる

こんなの食べるからお腹壊すんよ!

夕方、フードが届き

試しにいつものフードに30グラム混ぜ与えてみた


30日

朝、下痢だった

この10日ほど 軟便―普通便―軟便―下痢

というパターンだったけど

うんこの回数自体は朝と夕方の2回

もしくは朝のみといった感じだったし

しぶるとか粘膜便とかは全く見られなかった

それゆえ下痢が続くかどうかは

次のうんこが出るまでわからない

整腸剤はずっと飲ませ続けていたし

きっと昨日のフードが合わなかったのだろうと思い

いつものフードのみに戻した

夜、下痢だった


31日

今までバルトが下痢をしたことはほんの数回だし

下痢で病院にかかるなんて 赤ちゃんの時以来だし

遠征から帰ると軟便をすることはあったが

たいてい半日か一日の絶食絶水か

フードをWDに変えるだけですぐに治まった

この日は病院に連れて行くつもりで

朝から絶食絶水にし

病院が開くのを待った

ところが自分の仕事の方が忙しくなり

手が空く頃には12時を回ってしまっていたので

慌てて病院に電話するも OUT!

夕方になり急に元気がなくなったので慌てて開いている病院へ

補液をしてもらい、

詳しい検査をするよう勧められる





2012. 01. 13  
バルトの体調に変化が現れたのは

12月18日のJKCの大会直後でした。

表彰式が終わり、車に戻る途中 バルトがうんこをしました。

私は腰を痛めていたため屈むことができず

リオママが いいよ!と言ってうんこを拾って下さいました

その時、あら軟らかいね!と言われ

きっと 雨だったし お腹が冷えたか

運動した後だから 水も飲んだし

それで軟らかくなったのだろうと思っていました


19日

朝、トイレシートにしたうんこは綺麗に固まっていました

少し量は多かったけど

元々 大食い 大糞のバルト

気にもしませんでした

夕方、訓練所でしたうんこは

形はあったものの 軟らかく

ビニール袋で拾うと、草に付いて残るので

草ごとちぎって回収しました

さすがに心配になり

夜 フードに混ぜて整腸剤を飲ませました


20日

朝のお散歩から帰ってくると

ばあちゃんから うんこが軟らかい とのこと

仕方がないので整腸剤を飲ませ

夜まで絶食にて様子を見ることに

その後 下痢する様子もないので

夜は大腸炎用の処方食WDを缶詰で半分食べさせ

様子を見ることに


21日

朝、綺麗なうんこが出た

WDの残り半分を食べさせる

昼、WDを半分食べさせる

下痢する様子もないので

夜、残りの半分に通常のフードを混ぜて食べさせる

少し軟らかいけど 形のあるうんこが出た


22日

朝、通常のフードを量を減らして食べさせる

形はあるが軟便

少し痩せてきたので体重を測る

17日に17.7キロあった体重が16.9キロに

夜、通常のフードと整腸剤で様子を見る

便はまた形はあるが軟便

軟便と言っても様々だけど

この頃は 人工芝の上やトイレシートにした時

ティッシュで摘めるか そのままトイレに流しても

シートにくっ付かない程度

でも コロコロとは違って やっぱり軟らかい


23日

朝、通常のフードを食べさせる

痩せてきたことが気になり量は減らさず

整腸剤を飲ませて様子を見る

昼過ぎに下痢になる

大量の軟便が出た ソフトクリームくらいの軟らかさ

この時は人工芝の目に入り全部回収できず

水で洗い流した

この日は祭日で病院が休みのため

このまま朝まで絶食絶水で様子を見る

下痢は一回きりだった


24日

朝、病院に行き血液検査をしてもらう


20111224p




血液検査は異常なし

ただし腸が炎症を起こしているとの事

体重は16.5キロ

注射と投薬で様子を見る

夜、綺麗なうんこが出た

このまま治るものだと思っていた


2012. 01. 12  
今さらですが

皆様、明けましてめでとうございます

今年もよろしくお願い申し上げます 


さて、既にご存知の方もおられ 

ご心配頂いている方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです

7日の精密検査の結果が出ました

バルトの病名が判明しましたのでご報告します

やはり 膵外分泌不全 とのことでした

違っていればいいな 診断ミスだったらいいな

そう願いながら 4回目の血液検査

病名が確定してしまいました


20120111pa



ここから先は 少し長くなります

おしっこの近い方はトイレに行ってから

涙腺の弱い方はティシュをご用意の上お読みください


年末から体調不良のバルト

元日早々に2度目の血液検査をしてもらい

吸収不良症候群との事

ステロイドを使っての治療も

ほとんど効果はなく

5日に再検査

膵外分泌不全ではないかとの疑い

初めはそれがどんな病気かも今後どうなるのかも

全然判らなかったし

たまたま元日から開いている病院に駆け込んだ

ということもあって

きちんと納得のいくような説明を求める事も出来ず

不治の病ということと

痩せ細り 骨と皮になってしまったバルトを前に

どうしていいか判らず

ただただパニック状態の私

なんでそんな病気に…

なんでバルトが…

まだほんの2歳8ヶ月なのに

楽しいことも嬉しいこともまだまだこれから

いっぱいいっぱいあるのに

私はまだ バルトに何の幸せも味合わせてあげてない

こんな事なら 訓練なんかしなきゃ良かった

普通の家庭犬として暮らしてたほうが

きっと 何倍も幸せだったはず

と、マイナスな考えばかり頭に浮かび…

この先 どうしたらいいのか 希望はないのか と落ち込んでいたところ

ある方から

そんなことない 同じ病気でも 幸せに暮らしてる子もいるはず

そういうサイトやブログを見てみたら

もう一度、きちんと検査をしてもらったら

たとえその病気だったとしても

悲観せずに 病気とうまく付き合っていけばいい

バルトは今までだってものすごく幸せだったはず

お姉ちゃんのこと大好きで

お姉ちゃんと訓練するのが楽しいから

こんなに素晴らしい子になった

だから理事長賞だって取れたんだし

それを否定する事こそバルトが可哀想

そう言って頂きました

それからは ネットで病気のことを調べたり

同じ病気と闘っている方のブログを読んだり

同時に 強い見方姉にお願いして

病気のことを詳しく教えて頂き

再検査の方法と今後の治療について

納得のいくまで説明して頂きました

体力の弱ったバルトに なるだけ負担をかけないようにしながらも

徹底的に調べてもらって

バルトにとって一番いい方法で治療してもらうようお願いし

前向きに頑張る勇気が湧いてきました



バルトが病気になった最初は

痩せていくバルトの姿をカメラに収めることも

人に見せることも

絶対にイヤだと思っていたけど

私に力をくれた人たちのブログと同様に

私も今後同じ病気と闘う人達の参考になれればと思い

バルトの闘病を記録に残そうと思います

闘病記というと どうしても暗くなりがちですが

そんなのうちの子には似合わないし

泣いても笑っても一日は一日

精一杯楽しく毎日を過ごそうと思います

バディとバルトと一緒に…







プロフィール

BUDDY JUNIOR

Author:BUDDY JUNIOR
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。